PROJECT 真夏の太陽ガールズ

2020年オリンピックイヤーまで続く演劇プロジェクト

Introduction

 真夏の太陽ガールズ

 
2017年より東京オリンピックのある2020年まで、
毎年の夏、広く出演者を募集し
シンクロナイズドスイミング演劇『キラメキ』の上演を続けようという演劇プロジェクト。

 初年度である2017年は
「15歳~25歳までの健康な女子」、
「パフォーマンスのために筋肉をつけることを厭わないもの」という条件で
出演者を募集し、短い募集期間にも関わらず50名近くの応募者が集まりました。
 
 その中から2チーム18名の出演者を厳選し、
7月現在、徹底的な肉体改造と演技のトレーニングの真っ最中です。
 
 鍛えた肉体と演技力、想像力の駆使が持ち味の
小劇場演劇の面白さが見失われている昨今、
しっかりと舞台に立つ者としての基礎を鍛え上げる機会を若い世代に与えつつ、
関西演劇の系譜をつなぎ、広く演劇界の発展に寄与できるよう
取り組んでいきたいと考えています。
 願わくば、このプロジェクトが
関西若手女子パフォーマーの絶対的登竜門と認知されていければ。そう願っています。
 

 
 
 

オカモト國ヒコ

作・演出

劇作家・演出家・脚本家。
エビス堂大交響楽団主宰として関西で活動を開始。
ラジオドラマ「薔薇のある家」で第65回文化庁芸術祭優秀賞、 第48回ギャラクシー賞優秀賞。「橋爪功ひとり芝居 おとこのはなし」で 第50回ギャラクシー賞優秀賞受賞。
舞台代表作として「テノヒラサイズの人生大車輪」、「のらん」、「ラジオドッグ」等多数。

中川浩三

演出

俳優・演出家・Z system主宰。
小劇場をはじめ、松竹「ハムレット」、 かしまし娘公演などの舞台にも幅広く出演する。
また朝の連続テレビ小説では常連役者として活躍。
2007年9月 若手育成のために  劇団 Z systemを旗揚げ、全ての演出を手掛ける。
  Z system(公式ホームページ)

2017年8月31日(木)~9月3日(日)

会場 HEP HALL

大阪梅田のランドマーク赤い観覧車の真下
HEP FIVE8階
http://www.hephall.com/
阪急梅田駅、JR大阪駅から歩いてすぐ。
駐車場はございませんので、公共交通機関でご来場ください。
HEP HALLへのみちのり
http://www.hephall.com/34932/
 
2015年7月1日より、
HEP HALLではスタンド花(バルーン、花輪含む)の受け取り、
花(花瓶、花台含む)の回収をお断りしております。
http://www.hephall.com/32450/
inserted by FC2 system